子どもがいる場合の離婚

離婚をするということは、たとえ心の整理がついたとしても相当のストレスを心が抱えることになります。それも無意識のうちに抱え込んでしまうので注意が必要です。

また、子どもがいる場合の離婚はさらにストレスが多くなります。中には、離婚して良いものかと、自分の人生よりも子どもの人生を考えて躊躇する夫婦もいます。

これを考えてみると意見はわかれますが、離婚した方が良いという意見では、親が喧嘩をしたり、険悪な雰囲気のある家に帰る子どもの気持ちを考えると教育上良くないというものがあります。よって、子どものために離婚しないのは本当に子どものためであるかを今一度よく考えるべきだと言います。

一方、離婚しない方が良いという意見には、片親になることで子どもは親が思っているより大きなストレスを抱えて生きていくことになるというものがあります。精神的不安定を抱えて学校生活を送ると、性格や成績がガラリと変わることがあるからです。

離婚するにしてもしないにしても、各家庭によってメリットになることもデメリットになることもあります。この難しい問題をどう解決していくかが最大の課題であり、自分だけでなく子どもを巻き込んだものになることを忘れてはいけません。